新社会人に知って欲しい、不都合な真実 (1)

こんにちは! 53歳からあわててお金の勉強中の、不動産投資家やんつです。
春の息吹とともに新社会人が巣立つ時期になってきました。

ここ何年か、会社で新人営業研修の講師を務めていますが、その冒頭で話をする
知って欲しい日本の不都合な真実というのがあります。

まず最初はこれです。
不都合なカウンター

この数字を見せて、何か考えてもらいます。(数字は2014/03/30現在)
実際にはWebサイトで数字がみるみるカウントアップされていく様子をみてもらいます。
(ken 氏が作成・公開した「財政赤字問題」をベースとしたサイトです。http://www.kh-web.org/fin/

みなさんはすぐにお分かりと思いますが、これは日本政府の債務残高(日本の借金)です。
国民一人当たりという表示も出来、恐ろしいことに1000万円を超えています(赤ん坊からお年寄りまで全員です!)

わたしが研修で紹介を始めた5~6年前は、確か900兆円足らず(?)でしたが、それから凄まじい増え方です‥
一方、政府の2014年度予算は95兆円(閣議決定ベース)で税収予想は50兆円です。
たとえて言うと‥
年収500万円の家庭が、毎年950万円の支出!(大幅赤字) そしてローン残高が1億2787万円!!
借金が年収の26倍! こんなでたらめな家計はありえませんよね??

でもこれが我らが日本国の現実です。  これはどんな未来を示唆しているんでしょう?
この借金を誰がどうやって返すのか……… とても普通の経済発展だけで返せるとは思えません。
すわっ! 財政破たんだ! 国債暴落だ! ハイパーインフレだ! ……???

ただ、このたとえ話は家計と政府の違いを考慮していません。
実は大きな大きな違いが3つあります。
それは‥       日本政府には

・徴税権がある     →収入を自分で増やすことが可能です
・貨幣印刷権がある  →自分で輪転機を回せるという打ち出の小づち!?  正確には日銀ですが‥
・借金の相手が日本国内である →つまり日本のいわば身内からの借金、無理の効く相手。ということです。

わたしは、政府は本音では『この借金をそもそも返す気が無い(もしくは諦めた)』と踏んでいます。
3つの利点を駆使して、未来永劫借金を先送りして貨幣価値が少しづつ減少するのを待つ‥
一度に返済を迫られない限り、細々と利息だけでも払っておけばどんな大きな借金でも実害はありません。
なんと借金塩漬け踏み倒し大作戦!

そのための前提としては黙って赤字国債を粛々と買い続けてくれる相手が必要となります。
郵政民営化のドタバタ(民営化すると言いながら大きく後退した)を見ていると、そこにきな臭いものを感じるのはわたしだけでしょうか………??
唯一の不確定要素は海外マネーによる国債保有でしょうが、アベノミクスでついに禁じ手と呼ばれる日銀による国債の購入が始まりましたす。
これで購入先は一安心。 どうやらアベノミクスは政府の必然だったようですね~~

プライマリーバランスという言葉があります。基礎的財政収支と呼ばれ、最近の政府の目標になっています。
「国債による収入・返済を除き」、税収入で支出がまかなわれているかどうかを示す指標です。
収入以内で支出をまかなうって‥   あたり前じゃん! 普通はローン返済を含めての収入以内、でしょうが!

借金をこれ以上増やさないことが当面の目標!??(しかもそれすらできていません)  どう考えても返す気、なさそうです。
未来の子孫たちに借金を先送りする日本政府‥‥
どうやらわたし達ひとり一人が、自ら自分の資産を守るしかないようです。

不都合な真実、まだ続きます‥

管理人プロフィール

やんつ写真

やんつ(山本 常勝)

合同会社モンテリーブロ 代表
資産形成、資産運用専門FP
Webディレクター

こんな方は入室をお断りしています。
・楽をして一攫千金を狙う人
・受身で自己研鑽意欲のない人
・節約志向で年金だけの老後を送ろうとしている人。

お金の知恵で身を守り、豊かな人生を目指す人は歓迎です!

各種実績はこちら

不動産投資収支シミュレーション

人気シリーズ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ